診療ポリシー 施設案内 診療案内 よくある質問 美容相談室 アクセス
  • home
  • よくある質問
よくある質問

 
永久脱毛についての質問



Q
自分で脱毛処理するのはNGですか?
A

多くの人は自己処理しているようですね。カミソリで剃るとすぐ生えてきてしまうし、青く剃り跡が気になったりします。それではと毛抜きで抜いていますと、すぐには生えてきませんが、毛穴が目立ったり、肌荒れ、色素沈着、埋没毛等、かえって皮膚が痛んできます。ワックス脱毛・通信販売の電気脱毛器も同じ様なトラブルが生じます。



Q
大変!自分で脱毛していたらシミが目立ってしまいました。治りますか?
A

自己処理を続けると治りませんが、自分でいじらず永久脱毛してしまいますと、普通の肌色になってきます。



Q
他院で、脱毛後はクリームが必要なので購入するようにすすめられたのですが…?
A

脱毛手術後に炎症を抑える軟膏を塗ることはありますが、ほとんどの場合必要ありません。余計な物を買わされそうになったら、ハッキリと断りましょう。



Q
通信販売されているレーザー脱毛器は効果がありますか?
A

当院で試してみましたが、全く効果はありませんでした。本当に安全できれいな脱毛を希望するのであれば、医師に相談することをお勧めします。



Q
医療レーザー脱毛では永久脱毛できないのですか?
A

多くの場合、永久脱毛出来そうです。ただし、細い毛の場合は、無理な事があります。また肌を火傷させてしまいやすいため、日焼けした肌には使用しにくいです。レーザー脱毛で永久脱毛するには、以上のようないくつかの条件や個人差がありますので、ワキやVーラインのような完全に永久脱毛させたい部位は、絶縁針電気脱毛の方が良い様に思われます。



Q
医療レ-ザ-脱毛のあとシミになってしまうってホントですか?
A

医療レ-ザ-脱毛機にも色々あり、東洋人に最も適している脱毛機は、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーという脱毛機で、この医療レ-ザ-脱毛機は滅多にシミや色素脱失を起こしません。西山美容・形成外科でもこの「アレキサンドライトとダイオードレーザー脱毛機」を使用しています。しかしやはり熱傷を作っているわけですから、強いパワ-を皮膚にかければトラブルの起こる可能性があります。当院では、実際にレーザーをかけていく前に必ずメキザメーターで皮膚の黒さを測定し、さらにテスト照射をして、安全を確かめています。



Q
男性ですが、ヒゲの脱毛もできますか?
A

もちろんヒゲの脱毛も出来ます。男の人でも腕や足、胸毛や腹部の毛を脱毛してほしいと来院される方も多くおられます。ヒゲの濃い方は、剃刀負けを起こす方が多いようで、脱毛を希望してこられます。



Q
脱毛の料金が一定じゃないのはどうしてですか?
A

脱毛は、来院されてすぐに終わる手術ではありません。ひとりひとりの毛の量や体質によって、手術完了までの期間が変わってきます。そのために料金に違いがでてきますが、カウンセリング時に前もって料金を提示しますのでご安心ください。平均的な料金は、価格表を参考にしてください。




 
二重まぶたについての質問



Q
二重にしてもすぐ戻ってしまうってホント?

A

二重の手術方法には、大きく分けて埋没法と切開法があります。埋没法は元に戻りやすいと言うことが欠点で、よく、「あなたのまぶたは埋没法で大丈夫」と言われて手術したのに戻ってしまったといって来られる方がおられます。

多くの方は埋没法の方が切らないし痛くないと思っておられます。切開法は切るというイメ-ジが強く、出来るなら切りたくないと思っておりますから、医者に埋没法で大丈夫と言われると、安心してそれほど説明も受けずに手術をしてしまいます。医者も説明に時間をかけずに済みますから、早く手術させようと思えば決して切開法とは言いません。埋没法で戻ってから切開法と言った方が患者さんが納得しやすいからでもあります。しかし良く考えるまでもなく、一番損をするのが患者さんであります。自分が損をしないよう良く相談することが大切です。



Q
二重の手術をして左右差が出るってホント?

A

人は顔に限らず左右違っております。目の大きさ、眉毛の高さ、その他細かな点で左右異なります。手術により少し左右差がでるのは当たり前ですが、不自然なほど左右差がでることは絶対と言っていいほどでませんのでご安心下さい。



Q
狭い二重を広くしたり、逆に広い二重を狭く出来ますか?

A

狭い二重を広くするのは簡単に出来ます。広い二重を狭くするのは難しいですが出来ないことはありません。ただし皮膚が足りないとか落ちくぼんだ瞼の場合、手術は難しいと思います。西山美容・形成外科では修正術も行っていますが、手術というのは、1回目より2回目、2回目より3回目、と回数を重ねる方が何倍にも難しくなります。1回目できちんと手術されるよう医者選びをして下さい。



Q
二重手術の切開法で、傷あとは目立つのですか?

A

切開法であろうと、埋没法であろうと、傷あとは残ります。どちらも良く見れば判りますが、日常生活している分には全く判らないでしょう。



Q
埋没法で手術して、気に入らなかったら糸を取って元に戻せるというのは本当ですか?

A

一ヶ月以内であれば、糸を取りだせる可能性は十分あるのですが、それ以後だと糸は中の方に潜っていて取りだせるとは限りませんし、たとえ取りだせたとしても、二重が元に戻るとは限りません。また、糸を取り出す為には皮膚を少し切開せねばなりませんので、傷痕が残ってしまいます。二重手術の方法選択で、やり直しが簡単に出来るからという理由で埋没法を選ぶのは安易すぎるでしょう。




 
美容外科全般についての質問



Q
美容外科と美容整形の違いは何ですか?

A

美容整形と言う言葉は、終戦後使われておりましたが、現在では「美容外科」 という言葉が標榜科として認められた為、美容外科が正式名称です。今でも、マスコミで時々美容整形と言う言葉が使われますが、美容整形と言う言葉は仮称でしかなく 正確には「美容外科」になります。



Q
美容外科では保険がききますか?

A

美容外科手術は心の悩みに対し手術という方法で解決しようという科ですが、美容という言葉だけが先走ってしまいましたので、美容外科は美しくするだけというイメ-ジが、多くの医者の中にもあります。いわんや一般の人々はそう思われていると思います。保険の対象者はあくまでも病気の人を対象にしていますので、健康者が美しくしたいという事に関しては、保険を使用できません。



Q
エステと美容外科はどう違うの?

A

エステの本来の目的は、心をリラックスさせてやる、リフレッシュさせてやる事であります。しかしこれではお客さんを呼べません。その為しわを取る、シミが良くなる、やせる、脱毛といった効能を付けているわけです。エステティシャンは何の資格もありませんから、あなたも明日から一寸練習すればエステティシャンです。これで信頼がおけますか?ひどいところは病院で直らないアザをきれいにします、と言った宣伝までしているエステサロンまであるようです。先に述べましたように、エステの効用を全く否定するつもりはありません。むしろ病医院と一体になって、お互いの良さを引き出す方が良いと思われます。



Q
雑誌でよくみかける「永久保証制度」って?

A

手術をしても人は必ず歳を取っていきますから、当然年齢による変化をします。変化がなければ返って不自然です。なにを永久に保証するのでしょうか?



Q
失敗した場合無償でやり直ししてくれるの?

A

失敗とはどの様な事を指すのかが問題でしょう。手術というのは再手術になればなる程難しくなりますから、最初に出来なかった事を、同じ医師が再手術で出来るとは思えません。そこで失敗とは、自分で思っていたのと違うと言うことを指すのであれば、そうならないように手術を始める前に時間を掛けて良く相談するしかありません。

又その時手術に必ずつきまとう腫れや傷跡等についてもハッキリとさせねばなりません。その為にも充分に時間を掛けて相談し、相談して内容の分かってくれた医師に手術をお願いするしかありません。その為には、チェ-ン店形式の誇大な広告をしている美容外科医院は避けるべきでしょう。年間数十億円という莫大な広告費を掛けていれば、十分に時間を掛けて相談する事は無理だと言うのは自明の事でしょうし、医師も腕の良い医師は独立してしまいますから、失敗した場合は無償でやり直しします等と言わざるを得ないことになってしまいます。

きちんとした医院では、失敗ということを考えて手術はしません。患者さんとの話合いを十分にすればこんなはずではなかったという事は起こらないと思います。



Q
雑誌で広告を出している美容外科の方が安心に見えますが…?

A

普通の手術と違って、美容外科の特徴は、手術を受けた患者さんが自分が手術を受けたと他人には言わない事です。手術が上手くいっても、失敗しても(これは不自然なので他人に判ってしまうだけ)他人には言いません。その為口コミで評判が広がる可能性は低く、美容外科医はある程度の広告をせざるを得ません。しかし広告も程度問題があります。広告費だけで年間数十億円掛けるチェ-ン店があります。この医院は1時間10万円の広告費を掛けている勘定になります。これは広告費だけですから、この他に人件費・家賃その他諸々の費用が掛かりますので、時間当たり20万円位売り上げないと赤字になってしまいます。1時間に20万円売り上げるためには、患者さんとの話し合いに充分時間を掛けることは不可能ですし、時間が掛かる手術(例えば二重の手術でも、埋没法を薦め決して切開法を薦めません)はせず、一つの手術を時間を掛けて丁寧にしようとはしないでしょう。

美容外科というのは患者さんの悩みを外科的に解決しようとする科ですから、むしろ手術は最終手段で、その前に患者さんの話を良く聞き出来れば手術せずに悩みが解決されるようにするのが美容外科医の仕事だと思っております。医者であって決して経営者であってはならないのではないでしょうか。



Q
未成年ですが、保護者の許可はいりますか?

A

もちろん手術をする時には、保護者の許可が必要です。最近10代前半の雑誌に広告を載せている医院がありますが、医者の見識・モラルのなさを痛感しますし、雑誌社も程度が知れてきます。



Q
料金の支払方法は?

A

医療ロ-ンも扱っていますが、金利が18%位と非常に高く薦めておりません。 2〜3回の分割は場合によってはします。利子は無論ありません。



Q
カウンセリングは無料なんですか?

A

美容外科ではカウンセリングが一番大切と考えておりますから、30分〜1時間位話し合います。相談料は5000円頂いております。



Q
手術中は痛みを感じますか?

A

誰でも痛みはいやなものですね。私も痛みは大嫌いです。ですから、痛くないように出来るだけ注意をしながら、麻酔もしますし手術もするように心掛けています。手術に際しては、局所麻酔をしますから、痛みは全く感じません。ですからベッドの上で音楽を聞いている内に手術は終わってしまいます。



Q
二重瞼と脱毛以外の手術はしてくれますか?

A

私は形成外科を勉強しましたから、頭の先から足の先まで手術をします。顔では目・鼻・口・耳・等の形成術、フェ-スリフト、顎やエラの手術、バストを大きくしたり小さくしたり、垂れ下がったのをバストアップしたりします。脂肪吸引や脂肪注入、出臍や性器の形成術等何でも手術致します。



Q
フォトフェイシャルと言うのは何ですか。

A

ある波長の光を肌に当てる事により、皮膚のコラーゲン産生を促していこうと言う方法です。肌の張りやそれによる肌の肌理(化粧の載りが良くなる)が良くなり、小じわも改善されたりする可能性があります。また、シミなども薄くなり、肌全体が色白になるようです。




二重まぶた
脱毛
ほくろ・シミ・アザ・刺青
豊胸
陥没乳頭
若返りスキンケア
唇を薄く
でべそ
鼻・耳・あご
その他
男性診療
院長の美容医療相談室
手術に関するお悩みに西山院長がお答えします!
日本美容医療協会
日本美容外科学会が母体となり、内閣府が認定した唯一の美容外科医の公益社団法人です。

COPYRIGHT (C) NISHIYAMA BIYOU KEISEI CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.
西山美容・形成外科医院 TEL. 03-3989-1319 東京都豊島区南池袋1-24-6 深野ビル3階


TOP